. . .

✅AI予想印

予想印・馬名 ス 血 追 点
◎[2]🐴バイオスパーク☆注2.0
◯[9]🐴レッドサイオンB△3△12.0
▲[12]🐴プレシャスブルー◯◯3.0
☆[1]🐴レイエンダB◎◎3.0
△[6]🐴ドゥオーモ------3.0
△[14]🐴アドマイヤジャスタ注△26.0
△[3]🐴ミスマンマミーア------5.0
ス:スピード、血:血統、追:最終追切、点:各項目を合算した総合評価点(30点満点)

💬予想印コメント

◎本命:🐴[2]バイオスパーク

4L(父、母父、父母父、母母父)が全て5着内40%以上という評価ポイントに該当したメンバーの中でスピード評価TOPの点を評価。時計のかかる京都の馬場でも好走しており、今の時計のかかる函館の馬場はマッチしそうな雰囲気だ。

◯対抗:🐴[9]レッドサイオンB

本命馬に同じく4L評価ポイントが全て5着内40%以上という点から。スピード評価も低くなく、鞍上も函館に強い岩田騎手という点を加味して対抗評価。

▲3番手:🐴[12]プレシャスブルー

新潟大賞典では14番人気3着と激走した当馬だが、昨年札幌で好走歴が有る。母父がスタミナ型ノーザンテースト系のアンバーシャダイという点から年齢を重ねても走る珍しいディープインパクト産駒。ローカルタイプなのかもしれない。スピード評価も高く、4L中3Lが評価高で消す理由はない。

その他の有力馬(上位印評価)

スピード評価No1のレイエンダは鞍上の複勝率も有り消すのは難しそうだ。ドゥオーモはスピード評価は高くないがスタミナがあるタイプで、4L評価点も高いためヒモとして抑えたい。アドマイヤジャスタも復調の気配を見せており、ミスマンマミーアはこの斤量なら。巴賞の好走組が毎年馬券にならない函館記念。トーラスジェミニやベストアプローチの扱いに悩まされるが、芝1800と芝2000はリンクしづらく、同一競馬場ならなおさら軽視していきたい。

💡レースポイント・展望など

函館芝2000 良・稍重 5着以内率40%以上の系統

ディープインパクト系 44.7% (34/76)
ストームバード系 58.5% (38/65)
スタ型サンデー系 47.1% (147/312)
グレイソヴリン系 46.6% (115/247)
ネイティヴダンサー系 46.2% (67/145)
ミスプロ系 45.8% (121/264)
汎用型ダンチヒ系 45.7% (75/164)
ヌレイエフ系 45.4% (44/97)

分母が多い系統だけをピックアップ。系統を見る限りではやはり渋った馬場と相性の良い血統+スピード血統が有利。記載は無いがロベルト持ちなども好走パターン。4L(父、母父、父母父、母母父)の4評価ポイント全てが40%以上に該当した馬は2バイオスパーク、9レッドサイオン、6ドゥオーモの3頭。3評価ポイントに該当した馬はそこそこ多いが、その中でスピード評価が高いのは12プレシャルブルー。

⚠️推しづらい(危険な人気馬)

🐴[5]カウディーリョ

キングカメハメハ産駒は複勝率も20%台とそこまで高い方ではなく、父母父ノーザンダンサー系、母母父ナスルーラ系の相性もあまり良くない。一方で堀厩舎の複勝率は直近1年で40%弱、藤岡佑介騎手の函館芝2000の複勝率も高いので買うか切るか悩ましいが、1番人気であればあえて消してみたい。

💣1発あるぞ!(期待の穴馬)

🐴[11]スズカロング

連闘での参戦になるが、前走は良い脚を使っていたものの前が開かず惜しい競馬。このハンデ・人気なら妙味も有り1発あっても不思議ではない。