. . .

✅AI予想印

予想印・馬名 ス 血 追 点
◎[14]🐴フィエールマン ☆ ◎ 9.5 27.25
◯[6]🐴スティッフェリオ ▲ ▲ 5.5 23.5
▲[8]🐴キセキ △2 △3 7.0 21.75
☆[2]🐴エタリオウB △1 ◯ 3.5 20.25
△[12]🐴シルヴァンシャー 注 注 7.0 20.0
△[3]🐴トーセンカンビーナ △3 ☆ 4.0 18.75

ス:スピード、血:血統、追:最終追切、点:各項目を合算した総合評価点(30点満点)


💬予想印コメント

AIの本命は[14]フィエールマン。今回は1週前、最終追切と調教タイムは抜群。
休み明けだがこの馬自体休み明けでないと使えないという点を加味すると
指数的にも今回は1軸としてまず買っておきたい1頭だろう。
穴っぽいところも面白い馬が多いので、フィエールマンともう1軸を考えたい。

対抗は[6]スティッフェリオ。4枠ならミッキースワローに目が行きがちだが
スティッフェリオは京都の長丁場と相性の良いステイゴールド産駒。
そして母父のMtotoはキングジョージ1着、凱旋門賞2着など欧州のステイヤー血統。
有馬記念のときは距離が大丈夫か・・・と不安を覚えたが、
逆にここまで距離が伸びたら面白いかもしれない。

3番手キセキは鞍上からやはり消せないところだが、面白いのは[2]エタリオウだ。
この馬も近年は結果が出ていないが、
まず今回は調教パターンが併用パターンかつ併せ馬を行っており評価◎
そしてこのエタリオウは母系に大幅な距離延長を得意とするダマスカスを持つ。
ここはエタリオウの特大級の1発に大きな期待をしたい。

抑えには[12]シルヴァンシャー、[3]トーセンカンビーナ。
シルヴァンシャーは京都大賞典時にAIの本命、
トーセンカンビーナは阪神大賞典でAI評価が高かった。
両者はタイプが異なり、ジリジリ足を使うタイプのシルヴァンシャー、
スパッと切れるタイプの足を使うトーセンカンビーナはどちらも抑えとしては面白いだろう。


⚠️推すのが怖い…(危険な人気馬)

馬名 ス 血 追 点
[7]🐴ユーキャンスマイル ◎ △2 4.0 22.75
[5]🐴ミッキースワロー ◯ 6.0 23.25

ユーキャンスマイルは実績やスピード評価からは買いたい1頭であるが、
産駒データがとにかくひどく軸としては扱いづらいと言わざるを得ない。
ミッキースワローは厩舎の相性が酷く、菊沢厩舎の関西遠征は買いたい馬券とは言えない。


💣1発あるぞ!(期待の穴馬)

馬名 ス 血 追 点
[4]🐴ダンビュライト 6.0 14.75

去勢してセン馬になった、5ヶ月の放牧明け。
データ上去勢後1戦目は買いとは言えないが、
おおよそ6ヶ月を超えると買い要素が増える。
5ヶ月明けなので一致はしてないが、
現代競馬に置いて1ヶ月は誤差だろうと思い込んで馬券を買う。