. . .

✅AI予想印

予想印・馬名 ス 血 追 点
◎ [5]🐴ステイフーリッシュ ◎ ◯ 5.0 24.7
◯ [1]🐴カレンブーケドール ☆ ◎ 6.0 23.9
▲ [6]🐴アルメリアブルーム △1 △1 5.0 21.0
△ [9]🐴ノーブルマーズ △2 5.0 17.9
注 [8]🐴ドレッドノータス △2 3.0 17.7

ス:スピード、血:血統、追:最終追切、点:各項目を合算した総合評価点(30点満点)


💬予想印コメント

AIの本命は[5]ステイフーリッシュ。
明日の京都は雨予報で馬場が少し心配ではあるが、
前走のAJCCでは渋った馬場でも問題なく好走。
勝ったのがG1馬:ブラストワンピース。相手が悪かったとしか言いようがない。
この馬自身、京都の重賞で勝っている点、総合的に安定している点などを評価。

対抗は[1]カレンブーケドール。
昨年はオークス、秋華賞、そしてジャパンカップといずれも馬券に絡み
特にジャパンカップでは馬場の悪い中、内枠+最軽量という強みを生かして2着に好走。
この馬自身、重賞勝ちはないもののステイフーリッシュと同じく安定感は抜群。
今回も1枠1番、53キロという斤量設定にも恵まれておりここも馬券になっておかしくないだろう。

3番手は引退レースになる[6]アルメリアブルーム。
前走はハンデ重賞である愛知杯だったものの、小倉の渋った馬場を激走し2着と好走。
京都とは好相性で距離設定も問題なし。
この馬自身、G3くらいなら狙えそうとエリザベス女王杯当時の武豊騎手のコメント。
今回はG2ではあるものの、相手、頭数に恵まれた点を評価。

4番手は[9]ノーブルマーズ。
指数はやや低いものの、この馬自身2200mで[2-1-1-4]
京都[1-3-5-6]と半数が馬券になっている点は評価できる。
今回はメンバーも少なく相手にも恵まれている。
中山金杯では低評価だったものの4着と好走。
ここで激走があっても不思議ではないだろう。

最後に1頭注意として[8]ドレッドノータスを挙げる。
京都巧者という意味での評価だが、
G2芝2400の京都大賞典を勝っている点で怖い存在。


💡レースポイント

・1番人気が勝てず、連対したのは過去5年で1回のみ。
・父ディープインパクトや、キングマンボ系の好走が目立つ。
・京都巧者には注意


⚠️推すのが怖い…(危険な人気馬)

馬名 ス 血 追 点
[7]🐴クロノジェネシス ▲ ☆ 5.0 22.7

秋華賞ウィナーで京都コースは合う1頭かもしれないが、
バゴ産駒の4歳はデータ上あまり推せる要素がなく、
今回初の牡馬混合戦という点から、馬券を買うなら
軸としてではなくヒモとして抑えるかどうかを考えたい1頭。


💣1発あるぞ!(期待の穴馬)

馬名 ス 血 追 点
[4]🐴アメリカズカップ 6.0 19.0

指数自体はそこまで高くないが道悪巧者という点で
馬場が荒れれば荒れるほどチャンスがありそうな1頭。