. . .

✅AI予想印

◎ [5] 🐴スワーヴリチャード SP指数:12.75 血統:4.75 追切:8.5
◯ [13]🐴エタリオウ SP指数:15.0 血統:5.0 追切:6.0
▲ [11]🐴シュヴァルグラン SP指数:14.25 血統:4.0 追切:5.5
☆ [2] 🐴ワグネリアン SP指数:13.5 血統:4.25 追切:4.0
△ [8] 🐴レイデオロ SP指数:12.0 血統:4.5 追切:4.0
△ [12]🐴タイセイトレイル SP指数:9.75 血統:3.5 追切:6.0
注 [1] 🐴カレンブーケドール SP指数:7.5 血統:3.0 追切:8.0

AIの本命は[5]スワーヴリチャード。
指数の高さも去ることながら、追切タイムが過去最上位に近いタイムで消す理由がない。
天皇賞・秋では流れに乗れず7着と惨敗したが、距離が2ハロン伸びたここが勝負どころと見る。

対抗評価は[13]エタリオウ。指数、血統評価共にTOPで、[5]スワーヴリチャードとはほぼ同位の◯印だ。

3番手評価の▲には[11]シュヴァルグラン。
7歳馬+海外帰り初戦ということで積極的には買い辛いが、昨年のジャパンカップは4着、
更に有馬記念では3着に好走した。距離はベストな範囲で人気が下がれば逆に積極的に抑えたい1頭だ。

4番手評価は[2]ワグネリアン。今年はまだ1勝も出来ていないが、前2走の敗因は枠と落鉄。
東京優駿で勝った絶好の舞台、今回は絶好の内枠。先行力も有るので馬券圏内は十分あっても良いだろう。

5番手評価以下はワグネリアンに同じくダービー馬の[8]レイデオロ。
前走のアルゼンチン共和国杯を2着と好走した[12]タイセイトレイルは勝負強さ光る矢作厩舎の1頭で目が離せない。
そして1枠1番にオークス2着馬・最軽量53kgの[1]カレンブーケドール。
近年斤量が軽い馬の好走が目立ち、ここも出来れば抑えておきたい。

⚠️危険な人気馬

現段階では無し

💣1発あるぞ!(期待の穴馬)

[4] 🐴ムイトオブリガード SP指数:5.25 血統:2.0 追切:8.0

この馬自体、調教のタイムを出す方なので参考にできるかは悩ましいが
今回も追いきり内容が良く、前走のアルゼンチン共和国杯をきっちりと勝っている。
100m短縮となる点は良くも悪くもといった感じだろうが、リーディングTOPの鞍上が乗るだけにここは軽視できない。