【重賞で勝つために】AI予想を無料で公開中

🏇スプリンターズS(G1) AI予想(2019)

✅AI予想印

◎ [7] 🐴モズスーパーフレア SP指数:7 血統:9 調教:8.5 コース◎
○ [2] 🐴ダノンスマッシュ  SP指数:5 血統:6 調教:7.5 鞍上◎
▲ [3] 🐴セイウンコウセイ  SP指数:4 血統:5 調教:9 調教◎
☆ [5] 🐴レッツゴードンキ  SP指数:9 血統:2 調教:7.5 内枠◎
△ [8] 🐴タワーオブロンドン SP指数:10 血統:2 調教:5 鞍上◎
△ [9] 🐴ディアンドル    SP指数:2 血統:4 調教:8 調教,斤量◎
△ [16] 🐴ファンタジスト   SP指数:3 血統:7 調教:7.5 大外不安

⚠️危険な人気馬

現段階では該当なし

💣1発あるぞ!(期待の穴馬)

[14] 🐴ハッピーアワー 人気薄だが指数◯、血統◎、調教◯とAI評価:高

当該馬は芝1200m [1-0-0-1]、芝1400m [2-2-0-0] と1200mの経験値が低いが
中山芝1200mにおける産駒成績が非常に優秀。
ハービンジャー × 全年齢 [1-3-1-1] 複83.3%
ハービンジャー × 牡3 [0-2-1-0] 複100% と複勝率の高さから推奨。

📰レース展望

ハナを切る候補は、[3] セイウンコウセイ[7] モズスーパーフレア[10] ラブカンプー
[11] マルターズアポジー[15] イベリスあたりまでか。
スタート勝負になるとおもうが、[3]、[7]あたりが番手を主張すると推測する。
スタートから急な下り坂があるため、前半の流れが他コースより速く、前半600mは32秒台で推移すると予想する。

AIでの1番手評価はこのラップ・この距離を押し切った実績のある[7] モズスーパーフレア
直近5走は全て外枠だったが中山では好走している点、また今回はやや内枠を引いた点は大きな魅力だろう。
ただし鞍上がG1未勝利、またスプリンターズS初出走という点で一抹の不安は残る。

対抗評価は自在な競馬が魅力的な[2] ダノンスマッシュ。当該馬は中山は意外にも初出走。
鞍上の安定感・強さは高評価だが、右回りコースであげた6勝が京都、札幌、函館に集中し、
これらの大半が「上り坂から始まるコース」である点は注意
したい。
前半のハイペースをどのように凌ぐかがポイントだろう。

3番手評価の[3] セイウンコウセイは中山での実績こそ無いが、春の高松宮記念2着とG1での実績は十分。
流れの早い競馬は[2]ダノンスマッシュよりもこちらのほうが得意だろう。
ただしダノンスマッシュ同様、コース適正に不安がある点は注意したい。

そして、意外にも4番手評価にあがったのが[5] レッツゴードンキだ。
鞍上はロードカナロアで当該レースを勝利している岩田康誠。
春の阪急杯(G3)では1400mではあるが、内枠から好スタートを見せ、インをついて2着とまだまだやれる力はあるはずだ。
スタートさえ決まれば面白いだろう。

抑えは前哨戦のセントウルS、北九州記念の上位馬である、タワーオブロンドン、ディアンドル、ファンタジスト
タワーオブロンドンはローテーションに不安、
ディアンドルは斤量に魅力がありだがノーザンF生産馬がここのレースでは全く馬券に絡んでいない点で不安、
ファンタジストは致命的な大外枠を引いてしまったのが大きなネックだが、果たしてどうか。

また、今回は大穴馬としてハッピーアワーを指名したい。
ハッピーアワーは1200mでの実績が殆どないが、産駒成績が非常に優秀であるという点と、
鞍上が当該レースでの実績・経験が豊富という点に注意だ。

当予想は、競馬予想AI「SQHorse」を用いて作成されました。
レース予想の参考になれば幸いです。


Twitterも是非よろしくおねがいします!
Twitter→@SQHorse
SNSでシェアする↓